知ってるようで知らない浮気調査

浮気調査は結局のところ一つの手段であって、浮気調査だけで全てが解決するわけではありません。

それは何故でしょうか。

それは浮気調査は一つの段階に過ぎないからです。

気づくのは、些細なことから

会社の友人から、「妻の様子に最近不審なところがある」と相談されました。

結婚して7年。家庭が安心した頃の浮気はよく聞く話です。

最近友人と外食が増えたように感じるとか、携帯を家の中でも持ち歩いてるとか、
浮気の兆候と言われ項目に当てはまることが多くて、胸騒ぎにつながって
しまってるそうです。
本当に浮気をしているのなら、本人に聞いたところでうやむやにされ、
警戒されるだけですし、放っておくには胸騒ぎが増すばかり。
していないのに、聞けば、信用していないのかと、相手を落胆させることに
なるかもしれません。
浮気調査をしてみようと考えてしまうは、相手の普段の行動パターンから
与えられる、胸騒ぎ感にあるようです。


浮気調査だけじゃない浮気解決法

浮気を知る目的には、それまでの配偶者婦関係などにより、違ってくるようです。
配偶者を自分の元へ取り戻す為や、配偶者へ離婚を切り出すきっかけが
欲しい場合、慰謝料請求の準備であるなど、その目的は、色々です。


浮気を知る方法には、大きく2つの手段があります。

一つは、プロの探偵に依頼し、調査してもらう。もう一つは、自らコツコツと
日々の中にある証拠を集めていく。
プロにお願いする場合でも、ある程度日々の行動パターンなどを前もって、
知っておく必要がありますが、自分が動くには時間的な余裕がない場合など、
多少費用はかかりますが、有効な手段であるといえます。
自ら調べる場合、浮気の見破り方などを参考に、チェックしていく方法があります。
生活を伴ってしている分、相手に疑いを抱かれないように行動パターンには細心の
注意を払う必要があります。


配偶者の行動のパターンに抱く胸騒ぎや疑心は、大体の場合当たっている
ことが多いそうです。不安感のない時を過ごした経験から、不穏な行動の
パターンに反応し、気付くのかもしれません。
子供もまた、両親の行動のパターンや心の変化は、大人が把握している以上に
感じやすいものです。
気になる行動のパターンや胸騒ぎを感じたら、こじれる前に、自分で確認してみる、
探偵に調査をお願いするなど、手を打つことが、安定した家庭生活を送るためにも、
再出発を円滑に始めることにもつながるのではないでしょうか。


相互リンク集
C)浮気する心理と、浮気解決のヒン